2011年5月28日土曜日

ラバー爆釣!

お昼までMonksville Reservoirへ行ってきました。
「脱トップ」の一環として、カヤックでどこまでバスフィッシングを楽しめるかを追求すべく、この日は多くの種類のルアーを投げて釣りをすることにしました。
が、爆釣パターンを見つけてしまい実験は失敗
目先の釣果を取るか、将来的な発展性を取るかとなると、やはり釣果を取りますよね(笑)

この日、スモラバ+シャッドシェイプで50匹以上のバスをキャッチ!
40upが二本、マメも釣れましたが、サイズは平均して30ちょっと。
とにかく25年の釣り人生の中で、一番数が釣れたんで文句なしです。

朝から薄曇り、コンディションが良く、いつもの感じで「今日は爆釣かぁ〜」と乗り込んだのですが、モーニングバイトをjavascript:void(0)取れず不発。
ペンシル、ポッパー、バズベイト、シャロークランク...出だしは計画通りいろいろなルアーを試していたのですがダメ。
活性は高かったと思うけど、魚が散らばっていたため的を絞れなかった...
4時間やって、通称「釣れないコーブ」のウィードパッチで、スピナベで一本取っただけ。
まぁ、カヤックで巻物やって初めて釣れた魚だったんでOKなんですが、本音は、コンディションが良かったんで、もっと釣れてほしかった!

太陽が顔を出し気温が上がり、コンディションに変化が。
作戦変更で、北向きバンクを流しながら、岸沿いのウィードに隠れているバスをスモラバで狙うパターンが大ヒット!
ほとんど一投一匹のペースで、怒濤の釣りです!
スモールの反応も良く、ラージと半々くらい。
とにかく良く釣れました!

細いですが、まずまずのサイズのラージ。
ウィードと水面の間を、スイミングさせると、ウィードからドカーンと出てきました。
釣れた魚は全部このパターン。
いやぁ〜、釣れる時って、簡単に釣れるんですね!

カヤックバスフィッシングの可能性ですが、クランクやスピナベなどの抵抗のある巻物は、カヤックが引っ張られるのでかなり釣りづらい。
「釣れないコーブ」では、メインレイクからワンドへ流れ込むカレントに乗って釣りをしたのですが、右に投げれば左、左に投げれば右にカヤックが引っ張られるので、左右対称に釣って行かないと真っ直ぐ進まないのが悲しい。
でも、アンカーを使ったり、立ち木等にカヤックを固定したらできると思うので、研究の余地ありです。
ワームをやるときは、ピッチングやフリップ等、水面に対するラインの角度が急になる釣り方は無理がありますね。
でも、今回ハマったスイミングや、ゆっくりフォールさす釣り方だと特に問題なしです。
どのような釣り方をするにせよ、フッキングする際に踏ん張りがきかず甘くなってしまうので、いつも以上に強めのフッキングを心がけた方がいいみたいです。
次回は魚探を使って、ディープの釣りをやってみたいと思います。
しばらくは、スモラバ封印します。(きっと無理だな〜)

2011年5月22日日曜日

嫁はすごい

突然嫁さんが釣りに行きたいと言うもんだから、久々に家族三人でロングアイランドの池へ行ってきました。

釣り始めて一時間ほどで、嫁さん、キーパーサイズを三匹キャッチ!
使ったリグは、僕の定番「シャッドシェイプのドロップ(ダウン)ショットリグ」
まぁ、ルアーのおかげで釣れたと思いますが、エリアの選択、そしてキャストして狙ったスポットは彼女が選び、スイミングのアクションも彼女のオリジナル。
負けました(悔)

実はうちの嫁さん、釣りが上手いです。
高校生の時から、心配するおばあちゃんの制止を振り切って、近所の池に通い腕を磨いた強者です。
得意な釣り方はスピナベで、もちろんベイトでやります。
良く言えば既成概念に捕われず、悪く言えばめちゃくちゃな釣り方をしますが、リズムが魚と合うのか、良く釣るんですよね〜

僕も負けじと、ブラッシュホグのテキサスで一本!
キャストからランディングまで、パーフェクトに釣ることができて、おもわず雄叫びをあげているところです。
スピニングだけではなく、ベイトでもちゃんと釣ります!
嫁さんと子供にスピニングを取られて、しぶしぶベイトで投げるハメになっただけですが...

白鳥の一家が、我々の方に寄ってきました。
子供たち、超キュートです。

我が家では、最強リグとして君臨する、シャッドシェイプワームのドロップショットリグ。
シャローで使うので、シンカーは一番軽いカミツブシ、フックはオフセット、ほとんどスプリットショットリグ感覚でやります。
バスがサスペンドしている夏なんかは、30cm位フックからシンカーまでのリーダーを取りますが、ふだんは5~10cmと短いのがポイントで、シンカー落ち止めの団子結びができたところがリーダーの長さになります(笑)
リーダーを短くすることによって、シンカーが引っかかってシェイクする時など、よりダイレクトにアクションさせれると思うし、何よりもリーダーによるトラブルも減るのでお勧め。

今回、娘には、全く反応なし。
キャストは大人並みに飛ばせれるんで、あとは集中力の問題かぁ〜
次は頑張って釣ってくれ!

2011年5月21日土曜日

ラバーの効力

夕方、小一時間ほど、ちょっくら釣りへ。
とある理由で、トップオンリー(実際は、ドロップショットやりまくりだったんですが...)をやめて、普通のバス釣りをすることに。
ってことで、まずはフィネスの持ち駒を増やすべく、サクッと練習してきました。

池の岸沿いは、ギルやパンプキンシードのスポーニングベッドだらけ。
一生懸命卵を守っている、パパ達の邪魔にならないように釣りをしましょう。

本当はジグヘッドのスイミングをマスターしたいのですが、どうもネイキッド感(?)が強く、ならばラバーを付けてしまえってことで、スモラバスイミングをやることにしました。
トップオンリーになる前は、「スモラバこそ最強のウェッポン」との信念があり、夜な夜なラバーを巻く日が続いた時もありました。
当時はサイトで狙うか、PEラインを使ってカバーへブチ込む(パワーフィネス?)スタイルでしたが、スイミングでも使えるだろうってことで実験です。

結果は、あっと言う間に4匹ゲット!
雨が降ってきたので、早く終了となりましたが、時間があれば二桁楽勝だったことでしょう(笑)

結果が簡単にでたので、「やっぱりスモラバ最強!」となるわけですが、今回釣れたのは、4匹ともゲーリーヤマモト シャッドシェイプワーム+スモラバのなんちゃってミドスト。
スモラバが効いたのか、自分が思う世界で最も釣れるルアー=シャッドシャイプワームのおかげなのか、どうなのでしょうかね?
シャッドシェイプ以外のトレーラーとして、ゲーリーのイカと、以前ebayでラベルもない100個入り袋で買った、(おそらく)バークレーのリーチでもやってみたのですが反応はなし。
パターン的に、フォーリングよりも横への動きに反応が良かったと思うので、今回の結果になったと思うのですが、やっぱりシャッドシェイプは凄いってことなのか!
ってか、「ラバー関係ねぇ〜」ってことでしょうか(爆)

ここ二年間、全く出番のなかったnao巻きスモラバ達。
ウェイトは1/32、1/16、1/8。
ラバーのカットは、ショートと一部ロングの二種類。
下側のラバーが開くように、工夫しています。

トレーラーを付けた状態。
左から、サイトやカバーへのブチ込みで使うイカ、釣果はイマイチだけど、見た目的には一番好きなリーチ、とにかくよく釣れるシャッドシェイプ。
どれも釣れそうでしょ!

スイミング、フォーリング、カバーへのブチ込み...なんでも万能なスモラバですが、問題が一つ...
40個ほどスペアはあるのですが、作り方を忘れてしまって増やすことができない...
環境のためにも、ロストしないように頑張ります。

2011年5月14日土曜日

Kazさんのホパコンガイド

Lake Hopatcongへ、サーフィンのO師匠(最近はバス釣り仲間化!)と釣りに行ってきました。
今回は、トーナメンターでもあるKazさんにバスガイドをお願いして、プリスポーンの釣りを教えてもらいました。

フルリグのバスボード!
バスフィッシングの最も格好良く、最も高価な道具ですね
ポイントの移動が早く、これがあるからゲームの組み立てができます。
憧れです!

数日前から、他の方のガイドとプラクティスを重ね、「パターンはバッチリ見えてる」とKazさん。
僕は、「三桁いくかもね!」と乗り込んだものの、前日までのポカポカ晴天から打って変わって、この日は朝から曇りちょい雨。
気温も下がり、タフなコンディションに...
巻物にガンガンくるだろうとの予想に反して、フィネスな釣りも展開。
トップ、スピナベ、ソフトジャークベイト、センコーとローテーションを繰り返しながら探って行きました。

序盤戦だと言うのに、自分の最終兵器、シャッドシャイプワームのダウンショットでキーパーをキャッチ。
なんだかなぁ〜...

バスボートの機動性を生かして多くのポイントを周り、ルアーローテーション、クラッピーやロックバスなどの可愛いヤツらと遊び、スローな展開ながらもモチベーションをキープ。
ぶっちゃけ、ボートに乗っているだけでも楽しい!

スローなコンディションに苦しめられていた師匠が、ついにキーパーをキャッチ!
この段階で、全員なんとか一匹は釣り、坊主は免れました。
ちょっと一安心です。

やっぱりビッグレイクへ来たわけですから、デカイのを釣りたい。
せめてハードルアーで釣りたいとスピナベをグリグリやっていたら...

少し気温が上がったお昼過ぎ、夏のウィードで有名なコーブの奥で、ナイスサイズのピケレルをキャッチ!
師匠、初ピケレル、おめでとうございます
ついにピケレル大臣の座を渡せると思った直後、僕のスピナベにもっと大きなピケレルが...大臣の座は、まだまだ渡せれないみたいです。(笑)

キショイ、臭い、歯がギザギザ、ラインをズタズタにするってことで、大嫌いなピケレルですが、IQが低い(?)からか、レイクで真っ先に元気になるのはコイツと相場が決まっています。
「これで一気にバスの活性が上がるかぁ〜!」とテンションは上がったのですが、そう簡単にバスは反応してくれません。
若干、一名を除いて...

Kazさん、怒濤の釣りを展開!
キャロ、ソフトジャークベイト、ハードベイトを混ぜながら、各ポイントでナイスフィッシュをキャッチしていきます。
釣りも凄いのですが、エレキの操船がうまい!
自分がやるようにガタガタならず、至ってスムーズ。
エレキを使っているのを全く感じないくらいです。
ガイドゲストとしては、安心して釣りに集中できます。

「ガイドの僕が釣ってすみません。もう釣りませんので、皆さん、釣っちゃってください!」なんて言いながら、釣りをやめなれないKazさん
釣りが好きで好きでしかたがないんでしょうね。
その情熱がビシビシ伝わってきて、圧倒されてしまいました!

余裕でこの日のビッグワンをキャッチ。
時合いを掴むのがうまいのでしょうね。
チャンスの波が来たときに、きっちりとキャッチして行きはります。
トーナメンターの片鱗を見ました。

最後の最後に師匠にナイスフィッシュがヒットしたものの、痛恨のバラシ。
釣果は、師匠も僕も、数匹ずつ...
魚はあまり釣れません(誰が三桁やねん!...笑)でしたが、久しぶりにバスフィッシングゲームを楽しむことができて、ガイドお願いして良かったです。
次回は、デカイ魚をキャッチするぞ!
Kazさん、どうもありがとうございました。

Kazさんのバスガイド、超おすすめですよ!

Kazさんのブログチェックはココをクリック!


ビッグバス(笑)をキャッチした映像。
役者になれるかも!

video

2011年5月8日日曜日

そしてカヤックフィッシング始まる

Monksville Reservoirへ、カヤックフィッシングに行ってきました。
朝一は少し寒かったですが、時間が経つとともに気温が上がり、昼過ぎには丁度いい具合。
天気は良く、とても心地のいい一日でしたが、レイクは難しかったです。
久しぶりに見るこの光景。
癒されますなぁ〜

レイクの状態ですが、スポーニングはまだ始まっておらず、ネストも見ませんでした。
全体的にバスはまだシャローへ上がっていないようで、ディープとシャローを行ったり来たりしてるのではと思います。
スポーニングエリアになるであろうポイントをチェックして回りましたが、バスどころかギルさへ見かけないくらい、ほとんど生命反応のない状況
う〜ん、難しい...
そんなコンディションの中、見事二匹のキーパーをゲットしたO師匠
スポーニングベッドを作ろかなと、シャローに来たオスバスに対して、フォーリングで「なんじゃゴラァ〜」とアタックさせるのが、ウィニングパターンだったみたいです。←と僕は勝手に分析しました(笑)

久しぶりのカヤックフィッシング、楽しかったです。
でも、何か物足りなく、ボートでフルタックル使って釣りがしたくなりました。
サーフィンや自転車に乗れないストレスが、釣り魂に火をつけてしまったみたいです...
LINK
Tape Five, "Tonight Josephine"
スィングノリノリ〜!
ちょっとブームは去った感がありますが、数歩遅れで時代について行く僕にとっては、グーです。