2010年2月27日土曜日

ハンター、しっかりせい!

豪勢(?)に、新しいスキー仲間、AさんとBさんとで、Hunter Mountain(NY)へ行ってきました。
三日間、ドカッと雪が降り、NYCでもパウダー状態!
ファットなスキーをレンタルして、Pow楽しむぞ!となる予定が・・・
3日間で2m以上の雪が降り、アドレナリン全開で乗り込んだものの、一日中湿気を含んだ雪が降り、最後は雨・・・
深い雪がとても重くなり、コンディションとしては最悪でした(悲)

いつも通り、8時半に到着、でも景色は全く違いました。
駐車場の雪かきがされていないので、車を停めるのに一苦労。
それはまだ序の口、ロッジに着くと、リフトチケットを買う人の長蛇の列!
なんと、全てのパワーがダウンしていて、チケットどころか、コーヒー一杯買えない状態!
素晴らしいスタートです。

チケット売り場での一こま。
なんじゃ、この行列は!
こんなことになると出てくるのが、インチキ商売!
「チケット安くで売るよ〜」って、あんた、まだチケット発売されてないんですけど・・・

30分かかってチケットも購入し、いざ出発!
っと次は、お約束のリフト待ち。
午前中は、クワッドとパーク沿いのリフトのみが動いていて、残りはアウト。
リフトの椅子が雪に埋まっているとのこと。
雪かきくらいしとけよ!

40分ほどして、ようやくのファーストラン。
水分を多く含んだ重たい雪で、パウダースキーなんてものではありません。
またまた怒!なことですが、リフトはバリ混みなのに、コースはガラガラなんですよね・・・

ロッジの昼飯混みを避けるために、早めの昼食。
前半は、二時間で二本滑っただけでした・・・
昼からは、あまりにも混んでいるメインのクワッドを避け、普段はあまり混まないHunter Westへ行きました。

コースを降りると、リフト乗り場は、ご覧の通り!
パワーダウンのために、リフトが完全に止まっていて、リフト小屋下の地道を歩いて帰れ!っとのこと
ありえん!

と言うわけで、3.5マイルの道を歩くはめに・・・
送迎のバスが出るって噂があったのですが、そんなもん存在しません。
代わりに、「トラックの荷台に乗っけてやるよ〜」と臨時タクシーが出没
もちろん有料です。
ほんと、チャンスがあれば、なんでも商売ですね。
この縦走(笑)、珍しい経験ってことで、さりげなく楽しんでいた自分がいたのですが、小さい子供や、シニアスキーヤーにとっては、かなり大変だっと思います。

ロッジに着いたのが3時前で、その後二本軽く滑って終わり・・・ほとんど滑らず終わった一日でした。
幸い、AさんとBさんがいてくれたので、楽しい時間を過ごす事ができましたが、Hunterのサービスは、本当に酷かったと思います。
AさんBさん、久方ぶりのスキー一発目に、けったいなところへ連れて行ってしまって、すみませんでした。

帰りの道中の一こま。
木が雪の重みで倒れています・・・
あと少し早くこの地点を走っていたらと考えると、ぞっとします。
ほんと、変な一日でした。

LINK
Luciana Souza, "The New Bossa Nova"
イライラしているときはボッサで。と言っても、いつもの曲じゃなくて、もっとJazzyなかんじ。浄化にぴったりです。

2010年2月21日日曜日

コブ出現→出会い

家族でHunter Mountain(NY)へ行ってきました。
少し寒かったですが、一日中快晴!
人も多ければ、コブも多く、Hunterの本領発揮と言った感じの一日でした。
午前中は、娘とフラットメインで滑りました。
水分の多い雪が降ったからか、変に重たい雪質で、コンディションはイマイチ。
娘に教えつつ、自分の基礎練習をしました。

娘が休憩中に、数週間ぶりのHunterをチェックしてきました。
山全体的に雪は積もっていますが、地肌が見えているスポットも多く、雪がまだ積もっているNYCとは、状況が違う様です。
気になるHunter Westは、相変わらずと思いきや・・・

コースの下部、端にコブが出てました。
Tさんと育てたコブが、ついに形となってきました(笑)
リフト沿いを滑るので、気合いが入ります。
これで一応、上から下までコブがあるわけですが、上部のコブが、間延、ラインチェンジ、距離が短い、リズムが悪いってことで、滑っていてイマイチ楽しくないです。
でもまぁ、不規則自然コブの練習としてはいいかもね。

これは新しい! 42ndの上から下の方まで、いいリズムのコブがでてました。
暴走しても耐えれるくらいの、斜度のキツくないコースにコブがあり、練習には最高でした。

上から見るとこんな感じ。
少し大粒のコブが続きますが、ラインができているので、滑りやすいですよ!
うちの娘も、ボーゲンで滑り降りることができました。

こちらは斜度がキツくなるK27です。
粒は揃ってきましたが、「コブの谷でトツゼン土」ってことが多いので,注意が必要です。
三度ほど、「ガリッ」ってやってしまいました。

Eisenhower Drのモーグルコースも、バッチシでした。
ピッチが細かいので、いつもプロペラターンみたいに、振り回す滑りになってしまいます。
このコースを、しっかり雪面コンタクトを保ちながら、滑れるようになりたい!

コブの出現とともに、モーグラー(死語?)も出てきました。
ってことになると、楽しみなのが出会い。
レストハウスで、最近現役を引退した、オリンピック候補だった人・・・のお父さん(笑)と半時間程、話をしました。
息子さん本人とは、二言三言話しただけですが、パトリック=デニーンみたいな、凄い上半身してました。
リフトの上から、お父さんの滑りをちょっと見ましたが、激速でした。
となると、本人はどれだけ凄いんだぁ〜!
また、娘とコブに入ったとき、以前にも会ったことのあるおじさんが声をかけてきてくれました。
奥さんが元プロのモーグル選手で、その滑りは、ばっちり拝ませて頂きました。
僕みたいにバッタンバッタン行くのではなく、とてもスムーズな美しい滑りをしていました。
コブといい、出会いといい、Hunter Mountain、いよいよ本領発揮です!

LINK
Mari Hamada, "Heart and Soul"
オリンピックと言えば、やっぱりこれでしょ!
どこまでも上に突き刺さっていきそうなハイ、最強です。

2010年2月14日日曜日

コブコブコブ

前日に続いて、Belleayre (NY)へ行ってきました。
今回は、Tさんと一緒=ひたすらモーグルを滑りました(笑)
Belleayre Runの緩斜面コブです。
まだ浅いコブで、ラインもキレイに出ていませんが、楽しめました。
コース一本隔てたOnteoraの下にも緩斜面のコブ、Wanatuska下のzipコブもあり、上部の黒菱コブとの組み合わせで、飽きることなく、滑ることができました。

前日に、オリンピック 女子 モーグルの試合があったので、その影響からか、コブに多くの人が入っていました。
突然ラインに入ってくる人、スーパースローボーゲンで滑る人、顔面からこける人・・・怖かったです。

video
横から、同じペースで滑りながら、撮影してもらいました!
気分は、オリンピックレーサー、でも速度は1/5くらいです(爆)

オリンピックのモーグル、凄かったですね!
4年に一度の大舞台ってことで、ふだんのワールドカップでの滑りとは違い、一か八かの大勝負に出てくる選手が多かったのが印象的でした。
成功すれば好成績、失敗すれば撃沈
これぞモーグルの醍醐味ですね!
いやぁ〜、素晴らしかったです。

2010年2月13日土曜日

Belleayre 好調!

家族三人で、Belleayre (NY)へ行って来ました。
NYCでドカッと雪が降ったので、パウダーを期待して行ったのですが、Catskillでは、あまり降らなかったみたいで残念。
寒い一日でしたが、連休が絡んだ週末だったからか、とても混んでいました。
この日は、Tomahawkでスタートしました。
二週間前にも、上部の黒菱コースにはコブが出ていましたが、粒が揃い、かなり洗練されてきました。
いい感じです!

寝坊→事故渋滞→ガソリンがやばくなり高速を下車・・・と、朝遅く9時半頃に着いたので、レストハウス周りの駐車場は満車。
ってことで、Tomahawk下の小さな駐車場に停めたのですが、これがなかなかGoodでした。
トリプルが朝は動いていなかったので、ゲレンデを横断してTomahawk側に来る人も少なく、ガラガラでした。

Deer Runを数本滑ったあと、メインゲレンデの方をチェックしてみると、Belleayre Runの緩斜面にコブが出てました!
このバーンは、モーグルの練習にぴったりなので、お気に入りです。

リフト沿いにあるので目立つし(笑)、斜面の半分はフラットなので、子供はそちらへ、自分はコブでってなことができるので、とても具合がいいです。
クアッドに乗ると無駄な時間がかかるので、トリプルの中間地点でリフトを降り、林を横切ってコースへ向かうのが、お切り入りのパターンです。
Belleayre、調子良くなってきました!

2010年2月5日金曜日

みんなサボりまくり!

仕事をさぼって、Hunter Mt(NY)でトレーニングしてきました。
天気予報が外れて、一日中曇り。気温は低かったですが、ほぼ無風だったので特に問題無し。雪質は所々ベトっとしていて、イマイチでした。
朝二時間は、フラットでじっくり基礎練しました。最近さぼりがちだったので、いつものドリルも上手くこなせず、スキーに乗るポジションも分からなくなってました。
基礎練、大切ですよね!

Racer's Edgeに、3ラインのモーグルコースがあり、本日のメイン練習コースでした。
ピッチの揃ったコブで、滑っていて楽しいのですが、自分のイメージする滑りとは違って、ズドン滑りの連続。板のフレックスを使った滑りをしたいのですがね・・・
一つのことを意識すれば、他の事を忘れてしまって、なかなか上手くいきません。
何も考えずに、バーっと行く方が、かえって良かったりするんですよね・・・なんだかなぁ〜

Racer's Edgeにモーグルバーンが出来たのは嬉しいのですが、Broadwayにあったコブは削られていたのが残念でした。
D-Lineのリフトが動いていなかったので、B-Lineであがり、いくつかコースを横切り、ちょっと斜面を登り、モーグルに入りました。
30秒ほどのコースを滑るのに、12,3分かかり、無駄が多くてイライラです。
効率よく滑るために、ハイクアップも決行しましたが、二回でギブアップ
人が余りいないので、D-Lineが動いていないのは分かりますが、B-Lineの降り場をもう少しなんとかしてくれたらと思いますね。(ま、ムリな話ですが・・・)
リフトで会った、Nastar Raceやってたおじさんも、同じ事を言っていました。
Upper Crossoverのコブ。
シーズン初めは、無茶苦茶なリズムのコブでしたが、かなり洗練されてきて、いいリズムになってきました。

Hunter Westには、全く進展がみられず。
Westwayには、スノーガンが設置されているんですけどね・・・コースをオープンさせる気はないのでしょうか?

Upper K-27にもコブがありました。見た目はいい感じなのですが、いまいちリズムの悪いコブです。
あと、雪質も良くなかったです。

人がいないのをいいことに(笑)、キッカーも飛んで、なんとかランディングゾーンまで飛べるようになりました。いや〜楽しいですね、飛べるようになると。
でも、調子にのらないようにしておいたほうが、いいようですね。

平日のHunterは、すいているのと、Big Lift Cardがあれば、リフト代が$25になるので、お得感はあるのですが、D-Lineリフトは稼動していないみたいなので、モーグルの練習にはあまりいい選択ではないみたいです。
上からカッ飛ぶには、楽しいですけどね。
ちなみに、お父さんとスキーをしている子供をちらほら見かけたのですが、学校をサボってきているのでしょうか?

激シブフレーズ連発! 気色悪いくらいぴったしあったギターとのユニゾン、最高です。